霧に浮かぶ明石海峡大橋

毎年春、雨の翌朝、明石海峡は濃霧に包まれます。この日も気がつけば、大橋が霧に包まれているのに気づき慌てて近所の高台に向かいました。昼になり気温が上がると霧もはれてくるのですが、この日は昼過ぎになっても霧が漂って、大橋が霧の中に浮かび上がるようでした。

 

春先の霧の多い時期でもなかなかタイミング合わないのでこういう風に撮れるのは割とラッキーです。

【撮影 : 2006.3.11】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

中途半端な金閣寺

次の記事

男の隠れ家