浮島あらわる

空気も澄んで快晴なので、夕日を撮りに出かけました。明石海峡大橋を見渡せる舞子漁港。このあたりの海岸線は北西~南東に沿って伸びているので、海岸線に沿って垂直に海側を見ると方角的に南西になります。(下図参照)

感覚的に南と思っている方向は実は南西なので慣れないとややこしい。だから、真南は明石海峡大橋方向になります。上記の理由から東を向くような感覚になるがその明石海峡大橋の先に友が島が見えます。(友が島は地ノ島、神島、沖ノ島、虎島の総称)今日は、友が島がはっきり浮島になっているのがわかります。

撮影地から友が島までの距離は40km。向かって右側が沖ノ島、左側が地ノ島です。いずれも下位蜃気楼といって実際の島影の下半分が虚像(光の屈折で生じる虚像)になっています。

【撮影 : 2019.10.9 16:57】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

月と木星が大接近

次の記事

初秋の相楽園