奥出雲おろち号

奥出雲おろち号は、JR西日本が1998年から運転を行っているトロッコ列車。
この日は、奥出雲にある「鬼の舌震(おにのしたぶるい)」に行く途中にJR西日本出雲坂根駅に立ち寄りました。
ここは、JR西日本管内で唯一残る2段スイッチバックの駅です。また交換のできる駅ですが、奥出雲おろち号が運転される日以外は1日上下3本のみで交換するのは上りの奥出雲おろち号8422レと下りの1449Dだけになります。牽引車はDE15 2558で専用塗装となっていますが冬季はラッセル車として運転されるため(奥出雲おろち号は当然運休になります)ラッセルヘッドが付いたままになっています。

【撮影 : 2011.9.23 13:35】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

EF510 山陽路を上る