PR

8J670FUK

アマチュア無線に興味のない人には(場合によっては興味があっても)何の暗号かな?と思われるかもしれません。これ、実は某アマチュア無線局の呼出符号(コールサイン)です。このところ、「8J6SWIM」とか「8J5JAZZ」、「8J9SUZU」などの特別コールサインを使った局がよく出ています。その昔、私が開局した頃は特別コールサインの局は本当に特別でめったにお目にかかれなかったけど最近は本当に多いと思います。(下記リンク参照)

令和5年度JARL特別局及び特別記念局の開設状況

「○○○まつり」なんかでも特別コールサインを発給するのはなんだかなぁ、と思うのですがQSLカードを集めている人にとってはJAなんとか、とかJHなんとかといった見慣れたコールより見栄えがして楽しいのかもしれません。かくいう私も珍しいコールサインが聞こえると呼んでしまうのですが・・・

ところで、11月21日の夜半前、そろそろ寝ようかなと思って40mバンドを覗いて(FT8なんでパソコン画面を覗くんですwww)いたら標題の局が出ていました。なんの特別局かと思って調べたら、奄美群島復帰70周年記念局だそうです。道理で奄美大島からの運用なんですね。沖縄が日本に復帰したのが1972年5月15日。2022年は復帰50周年ということで、ニュースなんかでもとても盛り上がりましたが、奄美群島のことはまったく知りませんでした。ちなみに、奄美群島は沖縄より29年前の1953年12月25日に日本に返還されています。なので、今年が復帰70周年となるわけです。CQを出していたので早速呼んでみると一発応答があり無事交信完了です。

特別コールサインもこうしていわれを調べてみると意外なことがわかったりするのでかえって勉強になるのかも知れません。因みに前出の「8J6SWIM」は世界水泳選手権2023福岡大会及び世界マスターズ水泳選手権2023九州大会、「8J5JAZZ」は今治ジャズタウン、「8J9SUZU」は奥能登国際芸術祭2023、の記念局です。なお「8J670FUK」は復帰記念日の12月25日当日までの期間限定運用になります。

    コメント