PR

徳島で買った梅と新生姜を漬ける

先日行った徳島で買った青梅と新生姜。青梅はホワイトリカーにつけ込んで梅酒に。新生姜は薄くスライスして甘酢に漬け込むことにしました。

↑ 最近は農産市があちこちに出ていて地元の農産品が比較的安く出回っています。農産品以外でも思わぬ掘り出し物があったりするのでそれを探し出すのも楽しみです。今回買った青梅と新生姜も神戸のスーパーで買うより安いと思います。

↑ 梅酒は広口瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れて最後にホワイトリカーを入れるだけです。ただし、軽く洗って水気を取りヘタを取るのを忘れてはいけません。秋頃にはいい香りの梅酒が出来上がると思います。氷砂糖の量で口当たりが変わるので、だいたい500gぐらい入れています。以前、糖分を減らそうと300gぐらいにしたら、梅のエキスが出きらないのか口当たりが悪くなったのでやはり500gぐらいが適当かもしれません。ネットで検索すると800gと書いてあるのもあります。この辺は各自の好みになってくると思います。

↑ 写真左 : 買ってきた新生姜。適当な大きさに切り分けスライサーで薄切りにします。だいたい2mmぐらい。この時、生姜の芽の部分の赤みを残しておくのがポイントだそうです。 写真中 : スライスした生姜を軽く水洗いして水気を切っておきます。レシピによっては軽くゆでるように書いてあるものもありますが、今回はゆでずにやってみます。 写真右 : 甘酢に漬け込んで一晩置いたもの。既にほんのり赤みが付いています。前述の芽の赤みがこうして抽出されて綺麗なピンクに色づきます。生姜は2~3日程度で食べられます。ゆでない時は食べ頃になるまで少し時間がかかるように思います。

    コメント