PR

移動運用 or 非常用 ソーラーパネル

いつもお世話になってる「秋月電子通商」で60Wのソーラーパネルを見つけたので早速購入しました。標題のように本当の目的はアマチュア無線で移動運用をする時の補助電源という位置づけですが、非常用にも使えそうです。詳しい仕様は下記のリンクを見ていただきたいのですが、出力が3系統ありUSB-AとUSB-C、それに18V/3.3Aが取れるようになっています。カタログ上では100Ahのバッテリーまで接続できることになっているので乗用車用の44B19Lにフローティングしながらの運用もできそうです。徒歩での移動用に7.2Ahのシールドバッテリーもあるので、10Wならこれでも十分使えそうです。

↑ 自宅ベランダでテスト運用してみました。この日は快晴だったので十分な光量がありましたが、黒い色ということもあり冬場でも表面温度は50度近くになります。夏場の運用は温度面での心配があります。取説(英語)には使用温度についての説明はありませんが、バッテリー本体はソーラーパネルの影になるようにとの注意が記載されています。常設で使ってみたいのですが、取説には「It is not suitable for long-term permanent instllation.」となっています。恐らく防水仕様にはなっていないのでしょう。

↑ 前述の7.2Ahシールドバッテリーに繋いだ状態。バッテリーの下に見えているのがコントローラー。

↑ コントローラーにより適正な電圧で充電されているようです。コントローラーについているLEDの点滅状態で充電状態がわかるようになっています。

    コメント