PR

タンドリーチキン

スパイシーなエスニック料理と言えばやはりこれ。かつては、レシピどおり忠実に作っていましたが、いざ作ろうとすると「あっ、これないわ」とか「ちょっとこのスパイス足らんなぁ」とかなるんで、このところは足りなくなりそうな時は事前に揃えておくことと、なくても気にしないことにしています。それと、量は適当・・・これに限ります。できあがりを自分の舌で確認することでレシピを見なくても次回からは自分の感覚で調整して作ることができます。(←良いように言えばで、悪く言えば日によって出来具合が変わる、ということですwww)

↑ 今回使ったスパイス類。ここに写っていませんがヨーグルトとガラムマサラが必要です。特にガラムマサラがないと味に深みがなくなりモノ足りないタンドリーチキンになってしまいます。但し、入れすぎると辛すぎになるので注意ですが・・・それと、ターメリックの量で色が変わります。ターメリックは取扱注意、服に付くと色が取れなくなってしまいます。

ヨーグルト(これも家で作ったもの)大さじ6ぐらいに、上の香辛料適量。カレー粉はSBの赤の大缶が一押しなんですが近所のスーパーでは小缶しか置いてません。今回は試しにGABANを使ってみました。やはりSBの方がコクと風味が私好みです。レシピによっては鶏もも肉をそのまま使うものもあるようです私は、一口大(縮むのでやや大きめ)に切ってから冷蔵庫で8~10時間程度漬け込むようにしています。

↑ 朝、漬け込んだものを夕食に使います。夫婦二人で450gぐらいの鶏肉を使うと2日分ぐらいになります。2日目の方が味が染みこみますので、漬け込みは長い方がいいかもしれません。このレシピは香辛料の配合を変えれば(タマネギや野菜を加えて)カレーにも十分使えると思います。

    コメント